【慢性痛・顎関節症・ヘルニア】当院の向き合い方

こちらの記事は現在作成中です

当院の施術

1. 診断名に左右されず、気になる症状と困りごとに向き合います
2. 施術プランは、一人ひとり作成し、症状の変化に合わせて柔軟に調整します
3. 日常生活へのアドバイスは、その人に合った無理ない方法を一緒に考えます
4. キッズケアは心地よい刺激を心がけ、「からだを良くするためでも、我慢しない」ことを大切にしています

慢性的な痛み

慢性的な痛みが起きる症状には、①筋肉・神経・骨の構造での病名がつく場合、②月経痛やがんなど内臓疾患の病名がつく場合、③心の疲れが引き起こしていると推定される場合などがあります。

痛みは数ヶ月異常続いていて、鈍痛と激痛を繰り返しているケースも多くあります。その痛みの違いが何と関係しているかわからずに、困っている方が依頼されています。

ここでは、相談が多い、顎関節症と腰椎ヘルニアについてまとめます。

当院の向き合い方

当院は痛みが起きる背景をこのように分けています。

対応ができる分野は次のとおりです。

運動療法が必要な場合は、当院よりも理学療法士の資格を持つ鍼灸師や理学療法士も選択肢かもしれません。

ここでお伝えしたいのは、痛みや症状は軽減できる可能性がありますが、ヘルニアなどの現象が治るわけでは無いという点です。疲れたり同じ動作で負担をかけると、痛みは再発しやすいと感じます。

施術方針

当院は、痛みや辛さが楽になるように4つの視点で向き合います

1 全身のバランスで調整する

痛みが特定の部位に出ていても、その症状を全身でかばっています。

顎関節症や腰の椎間板ヘルニアでは、次のような部位に負担がかかっていないかチェックします。



当院では、全身を整えて痛みをゆるめます。

2 疲れに注目

痛みの感じ方は人によって違います。また治り方や症状が和らぐまでにかかる時間も違います。

その違いが起きる理由として、疲労や痛みへの過敏性、心の緊張に注目し、特に疲労感に注目してケアします。

顎関節症の場合は、

痛みの理由がわからない場合は、安心してケアに集中するために、病院の受診をすすめることがあります。大きな病気がわかった場合は、病院の診察と治療のサポートとして鍼灸マッサージを行います。

3 痛い部位そのものをケア

4 動きを確認しながら追加でフォローする

施術方針

疲れを取り除き使い方の癖を修正していく 

施術内容

全身のケアを基本として、症状に合わせて適切な施術を組み合わせます。

痛みが強い場合は、はりとお灸の組み合わせをご提案します。
はりには、鎮静作用が強い低周波の刺激を加えることもあります。

お灸は痛みと緊張をゆるめたい部位に加えます。

顎関節は、顎の動き方を丁寧に観察しながら、動きが止まりやすい部位(頭や顎関節周り)に細い針を15〜30本ほど打ちます。



施術間隔