【子育ての疲れ】当院の向き合い方

当院の施術

1. 診断名に左右されず、気になる症状と困りごとに向き合います
2. 施術プランは、一人ひとり作成し、症状の変化に合わせて柔軟に調整します
3. 日常生活へのアドバイスは、その人に合った無理ない方法を一緒に考えます
4. キッズケアは心地よい刺激を心がけ、「からだを良くするためでも、我慢しない」ことを大切にしています

目次

子育ての疲れ

子育て疲れのケアは、保護者の「疲れた。。」を対象にしています。

子育ては、何もトラブルがなくても体力を消耗します。生活リズムも大きく変わり、自分の身体が思うように動かないこともしばしばです。予期せぬことが起きると対応にも追われ、長期化した場合はダメージが蓄積されます。

こうした疲れは、子育てをする誰もが抱える可能性があります。

当院では、子どもとの関わりで疲れた時にご利用いただける施術を提供しています。

疲れ過ぎると、限界がわからずに頑張り過ぎることもあります。子育ての悩みを減らしていくためにも、身体のケアをおすすめしています。

子ども(0歳から何歳であっても)を育てる保護者のケアにご利用ください。

当院の向き合い方

保護者の疲れを後回しにしない

子育ての疲れを抱えた人は、自分の疲れを後回しにしがちですが、疲れるあまりに距離感を誤り、子どもに過剰な関わりを持ち、お互いが消耗することもあります。

当院ではイライラや後ろ向きになる理由の一つとして身体の疲れに注目しています。

「疲れ」をケアすると、漠然とした感覚から具体的な部位や困りごとにと焦点が絞られてきます。また、施術後の疲労感を通して、疲れ具合を実感することもあります。

このように身体の状態を実感できるようになると、普段の過ごし方や子どもとの関わり方が変わってきます。疲れを後回しにしないのは、子どもに関わる立場だからこそ大事です。

施術方針

問診から説明までじっくり丁寧に

子育ての疲れでは症状を自覚しにくいため、施術で疲れをゆるめながら他の症状を探します。生活リズムや、子育て以外の家事や仕事なども把握します。

特に子どもにトラブルを抱えた場合は、見通しが立ちにくく、消耗します。施術で得た身体の状態を共有し、この先を一緒に考えます。

施術内容

施術は、疲れの程度や内容で変わってきます。刺激方法の工夫が重要なので、はり・お灸・マッサージのリクエストを聞きながら調整します。

からだコースは、一般的な鍼灸マッサージ院と比較すると2倍の時間で対応しているので、多くの方はからだコースで十分対応できます。数ヶ月間があく場合や、とことん疲れてしまった場合は、リラックスコースをお選びください。

お子さんが一緒でもかまいませんが、別々の空間で過ごした方が落ち着いてケアを受けられるかもしれません。


また施術後は、どうしても疲れるようです。施術の途中から感じる場合もあれば、施術の数時間あとから寝込む場合もありますし、数日経っても自覚しない場合もあります。

可能であれば、施術後はゆったり過ごせるスケジュールをおすすめしています。元気だと思っても、激しい運動やまどふきやぞうきんがけなどは筋肉を痛める場合があるので、ご注意ください。

施術スケジュールが取りにくい時は、オンライン相談もご利用いただけます。
初回はどうしても話が複雑なので、2時間前後(人によっては3時間ご利用いただく場合も)が目安です。

施術間隔

施術間隔は、それぞれの状況に合わせて調整します。

疲れが強い場合は回数を増やすか、リラックスコースをおすすめします。

スケジュールは、キッズケアと同日に組み合わせたり、別の日に設定することもあります。

理想の施術間隔はありますが、重要なのは子育ての疲れを抱えている間にケアを途切れさせないことです。年に数回のご利用でも、できる範囲で対応いたします。

受験生を抱えた保護者の場合は、緊張がゆるむ5月6月くらいから疲れが出ることともあります。子ども同様に、スケジュールを踏まえながら間隔を調整します。

こんな時は

子育ての疲れは、子育ての何に悩み、その悩みがどう身体症状に関連しているかがとてもわかりにくい状態です。

子どもの状況親の状況環境
年齢(月齢)年齢・性別学校・保育制度
性別体調受験制度
病気働き方・役割連絡手段
発達や障害の有無経済的負担職場との距離
学校トラブル家事育児の協力体制


学校や行政、病院、家族や親戚、地域の団体の方が適切なサポートが期待できる場合は、そちらをご提案することもあります。

気になる症状:当院の向き合い方
(各記事を2024年現在作成中)

目次