【起立性調節障害】当院の向き合い方

当院の施術

1. 診断名に左右されず、気になる症状と困りごとに向き合います
2. 施術プランは、一人ひとり作成し、症状の変化に合わせて柔軟に調整します
3. 日常生活へのアドバイスは、その人に合った無理ない方法を一緒に考えます
4. キッズケアは心地よい刺激を心がけ、「からだを良くするためでも、我慢しない」ことを大切にしています

目次

起立性調節障害とは

ODの症状には頭痛、立ちくらみ、めまい、朝の起床困難、怠さ、食欲低下、失神などがあります。
 症状は、午前に強く午後に軽減する傾向があります。また、立ったり座ったりすると症状が強まり、横になると軽減します。雨の前など気圧変化の影響も受けやすいことが特徴です。
 夜に目がさえて寝られず、起床時刻が遅くなり、悪化すると昼夜逆転生活になることもあります。

日本小児心身医学会

起立性調節障害にはサブタイプ(症状別に分けたグループ)もあり、様々な症状を同時に抱えやすい傾向があります。症状の程度・回復期間も多様で、中には少し歩いただけでも横になる必要がある場合や、10年以上症状を抱えて過ごしたケースもあるようです。

日本では思春期に発症しやすいことから、学校の通学や勉強の困難さと結びつくことも多く、無理して症状が悪化する場合もあります。起立不耐症・起立性調節障害の実態調査分析(PDF)

当院の向き合い方

あわてずにじっくり身体を育てる

当院では、学校に行けなくなった子や受験前の睡眠障害などに悩む子が多く、起立性調節障害だけに注目せずにその子の困りごとを掘り起こしてケアしています。

起立性調節障害は短期間で改善するケースもあるものの、一度起きた症状を「また同じ症状に悩むのではないか」と不安感も抱きやすくなるようです。発症した時点での症状は改善されても別の症状で悩むケースも珍しくありません。

基本的には数年単位での改善を目指します。心身の成長期ですから、さまざまな症状の変化を前提としつつ、学校スケジュールや受験までの残り時間など短期的な目標も設けて、ライフイベントと身体との折り合いを探します。

施術方針

疲労感の改善と気になる症状の緩和

起立性調節障害を抱えた子どもたちは、心身ともに疲れています。まずは、ため込んだ疲労をじっくり回復させます。頭重感や肩凝り、腰痛、動悸などの症状には優先順位をつけて対処します。

体力が回復したら、日常生活に戻る準備を開始します。

無理を重ねると症状が悪化するため、焦りや頑張りたい気持ちを尊重しながら、体調に合わせたアドバイスを行います。

施術内容

起立性調節障害の施術は、マッサージや火を使わないお灸、刺さない針など、全身への軽めの刺激から始めます。

子どもによってはくすぐったかったり、気持ちよくない部位もあるので、本人が心地よい施術を選びます。

はりが効くからなど、無理に我慢させることはしません。安心して受けられる施術内容を重視しています。

施術間隔

起立性調節障害の一般的な施術間隔は次のとおりです。

STEP
休養期(1週間〜10日に1回)

ため込んだ疲労をゆるめる

この期間は寝たきりになることもあり、本人も保護者も不安になることが多いため、情報交換を行いながら短い間隔で施術を行います。

STEP
回復・維持期(2、3週間に1回)

その子にとって最適な生活リズムを探りながら、体調を合わせていく

疲労感が減り体力が回復してきたら、施術間隔を徐々に広げて生活リズムを見直します。

学校に再登校したい場合は、学校生活再開時の緊張や不安による体調の変動も視野に入れ、長期的な目線で少しずつ施術を調整します。

STEP
挑戦期(1、2ヶ月に1回)

ゆり戻しを最小限に抑えられるように、体調を整える

起立性調節障害は、学校行事や受験スケジュールにも影響を受けるため、症状の悪化を防ぐために定期的なケアを行います。

学校や受験スケジュールによっては、短い間隔で施術したり、休止することもあります

こんな時は病院へ

当院は東洋医学を用いた心と身体のつながりを重視しており、気分の落ち込みや感情の浮き沈みにも対応しています。

ただし、抑うつ感や希死念慮が強い場合や重度の睡眠障害がある場合は、早めに児童精神科や小児科の受診をおすすめします。

一方でこれらの専門科の受診には数ヶ月待つことが多く、その間に症状が悪化するケースもあります。心当たりがある場合は、早めに受診先を探しながら、当院の施術を併用することで、より効果的なサポートが可能です。

保護者へのサポート

起立性調節障害は、通学や受験の大事な時期に体調を崩し、保護者にとっても大きな負担となります。

子どもの症状が長期化すると、保護者も疲労をため込み、体力の低下や持病の悪化が生じることがあります。

当院では、保護者自身への身体のケアとオンライン相談枠をご用意しています。

子どもに我慢をさせないように、大人にも我慢をさせずに労わることで、子どもにとっての安全な居場所作りをサポートします。

目次