【過敏性腸症候群】向き合い方

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、お腹の痛みと下痢か便秘(片方か、両方を繰り返す)で悩む病気で、予備軍(お腹の痛み)を抱えた人は6人に1人いるとされています。

ストレスによって悪化しやすいので、朝や出かけるときに比較的症状が出やすく、休みの日や夕方は落ち着く傾向があります。症状が悪化すると日常生活に影響が出るだけでなく、腸やお尻まわりの病気に悩むことも。また、乳製品や、消化に合わない食品、脂肪分の多い食事などで起きる場合もあります。

当院の向き合い方

過敏性腸症候群は一生続くものではないとされていますが、当院では長期的に向き合う症状と考えています。

特定のケアや療法で効果を狙っても、緊張しやすかったり不安感が強くなる場合は、悪化しやすいと感じます。

鍼灸マッサージは、ふだんの生活をサポートするツールとして捉え、必要に合わせて使ってください。

当院を利用するキッズは、受験や学校ストレスにさらされたときに症状が悪化するため、過敏性腸症候群だけに注目しません。女の子は、生理からくるトラブルの可能性も考え、必要に応じて受診をすすめます。

生活全体を見据えて、安心して生活できるように関わります。

施術方針

全身とお腹の緊張をゆるめる

過敏性腸症候群の症状が気になるときは、身体全体の緊張も強くなる傾向があります。
首や肩、頭(顎関節)の緊張具合や、副鼻腔炎、風邪など全身の状態を確認しながら、まとめてゆるめてゆるめます。


スケジュールのサポート
子どものスケジュールにゆとりがない場合は、緊張がゆるみきらず症状を悪化させている可能性もあります。

受験や学校ストレス対応をしてきた経験から、負担がないスケジュールや受験の取り組み方などを一緒に考えます。

施術内容

お腹の背中にお灸

当院では、一定のリズムで緊張を取り除ける施術をおすすめします。
お灸はお腹や背中だけでなく、腰や肩周りと手足にも行い、緊張をゆるめます。

副鼻腔炎や顎関節症も起きている場合は、頭にはりを打つこともあります。


お灸やはりの施術が緊張する時は、マッサージ中心に組み立てます。

施術間隔

過敏性腸症候群は、長く付き合う前提で関わるので、施術間隔は急ぎません。
ですが、受験直前だったり症状が強い場合などは、症状を見極めるためにも定期的にケアします。

症状が強く、定期的な施術が必要と判断した場合

STEP
初回〜3ヶ月(1週間〜10日に1回)

ため込んだ疲労を軽減させながら、お腹の緊張をゆるめます

疲れや緊張が強い場合は、この期間は寝たきりになることもあります。
本人も保護者も不安になることが多いため、心理的なサポートも行いながら短い間隔で施術を行います。

STEP
4ヶ月〜(2、3週間に1回)

ストレスを抱えすぎないように、定期的にゆるめます

症状が安定したら、施術間隔を徐々に広げます。
学校のスケジュールや受験スケジュールに合わせて、施術の時期を決めます。

スケジュールに合わせて

緊張する前と緊張した後に身体をゆるめて、体調を管理します。

食事指導について

過敏性腸症候群に対して、プロバイオティクスや特定の食材の除去指導などをアドバイスをする治療院もある様ですが、当院では標準的な栄養バランス以外の食事指導は行なっておりません。

またサプリメント、アロマ、漢方をおすすめすることもありません。これらの効果を否定しているのではなく、勉強が追いつかないためです。

過敏性腸症候群は、長く付き合う可能性がある症状という認識です。無理なくできる方法を一緒に探して参ります。

参考資料
日本臨床内科医会の資料(PDF)
厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト